不動産投資の心がけ

 不動産投資を検討している方やスタートしている方、投資をするにあたって、必要な知識を身につけ、不動産投資と向き合っていただきたいと思います。

1.自分は投資をしているという意識をしっかりと持つ

 不動産投資は「節税対策」や「年金対策」のみを考えてやるものではありません。投資とは「利益を出す」=「儲ける」ことです。
 検討している方や始められている方も「不動産投資って儲かるのかな?」「うまくいかなかったらどうなるのだろう?」という不安や恐怖心はあるかと思います。そういった感情の中で「儲ける」こと、即ち解決策を探していくものです。
 不動産投資には「正解」というものはありませんので、失敗があっても、その後の成功で損失を上回る利益を出せばいいのです。失敗を恐れていたら投資はできませんし、そもそも「失敗しない投資方法」など存在しません。「儲ける」ことをしっかりと意識して投資をすれば自ずと解決策は見えてくることでしょう。

2.正しい知識を身につける

 不動産投資は「物件を購入し、後は販売会社や管理会社に任せておけば大丈夫」と思っている方もいらっしゃると思います。しかし不動産投資は「正しい知識を自分でどれだけ身につけることができるか」が成功のカギとなっております。
 例えば物件購入時に不動産会社の営業マンから「空室リスクを避けるため家賃保証にしましょう」と言われ、契約をした場合、そもそも立地条件が良く、地域柄、空室率も低ければ家賃保証にする必要があるのでしょうか。事前に知識を身につけていればわざわざ高い手数料を払ってまで家賃保証にする必要性がありません。
 不動産投資は他人任せにするのではなく、自らの「意志や知識」を持って判断することにより、収益性を向上させていくものです。

3.人と人との繋がりを持つ

 不動産投資には実際、様々な繋がりがあります。物件を売買するにも不動産会社や銀行などの融資先、売主と買主といった関係もあれば、運用に関しても保証会社や管理会社、入居者といった様々な関係者と繋がっています。
 不動産投資は一人でやるものではありません。様々な利害関係者とコミュニケーションを取りながら運用性を高めることにより収益性に繋げます。
 不動産投資はチームでやるものです。例えば不動産投資という共通点を持った人(投資家)とコミュニケーションを取ることも必要です。

不動産投資相談のよつば